スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護サービスの選定支援制度、調査機関に全国初の行政処分―静岡県(医療介護CBニュース)

 静岡県は3月29日、利用者の事業者選定を支援する「介護サービス情報公表制度」の県指定調査機関である株式会社アイアールネットワーク(静岡県浜松市)が虚偽の報告をしたとして、介護保険法に基づく行政処分(改善命令)を行ったと発表した。指定調査機関が処分されるのは全国で初めて。


 静岡県の調べによると、同社は介護サービス事業所を訪問せずに虚偽の報告をしたり、訪問したものの手数料を徴収しないことがあったりしたことなどから、「管理がずさん」(静岡県)と判断。介護保険法に基づく行政処分としては、指定調査機関の取り消し、事業の停止に次いで重い改善命令を出した。

 静岡県は同社に原因調査と再発防止策の策定、社員教育の計画を4月30日までに報告するよう求めている。

 同社では「管理面に不具合があったため、このような事態となった。即座に再発防止策を立て、実施する。関係者各位には大変申し訳ないと思っている」(広報担当)と話している。


【関連記事】
介護サービス情報公表手数料、1万円の大幅減
「介護サービス情報の公表」制度でシンポ
介護サービス情報の公表制度を読み解くシンポ-世田谷区
介護サービス情報公表、都道府県で利用に差
介護サービス情報公表制度を拡充

米大使公邸 米国にゆかりの日本人作家による現代アート展(毎日新聞)
介護福祉士の在留資格検討=歯科医師らの就労制限撤廃-出入国計画(時事通信)
霧島で降灰を確認、小規模な噴火か(読売新聞)
与謝野・平沼氏が共同代表…新党合意(読売新聞)
<紛失>筋弛緩剤10ミリグラム入りの瓶 大阪の市立病院(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。